お小遣い稼ぎの裏ワザ発見!硬貨の製造年月に注目しよう!

お小遣い稼ぎの裏ワザ発見!硬貨の製造年月に注目しよう! 硬貨 お金

財布の中身を確認するだけで数百円から数千円を手に出来ると言えば、誰しも確認したくなるのではないでしょうか。

一体何の話かと言うと硬貨の中には、希少性の高さから価格が高騰しているものが存在するのです。と言ってもいわゆるエラーコインと言われるものではありません。エラーコインや紙幣などは発見する確率は大変低く、もし発見してもお宝として保管して置きたいものです。

希少性の高い硬貨とは、発行枚数が少ない製造年月日の硬貨の事です。既にマニアの間では「フデ5」(昭和24年~昭和33年発行の5円玉)や「ギザ10」などが(昭和26年〜33年発行の10円玉)数倍の値段で取引されています。そして以下に価格と製造年月日の関係を一覧にしてみました。

  • 1円玉平成13年発行50円 (50.倍)
  • 5円玉昭和32年発行400~500円 (8~10倍)
  • 10円玉昭和33年発行100~200円 (10~20倍)
  • 50円玉昭和62年発行8,000円(激レア) (160倍)
  • 100円玉平成13年発行300円~700円 (3~7倍)
  • 500円玉昭和62年発行1000円 (2倍)

昭和62年発行の50円玉がこんなに高騰しているなんて驚きです。すぐにお財布を確認してお小遣いをゲットしてみて下さい。

2 件のコメント

  • 昭和62年の50円玉が160倍にも高騰しているとは驚きです。そんなに希少価値があるとは知りませんでした。
    実は私、昭和64年の500円玉を持っているですが、価値はないのですかね?(笑)
    昭和64年は、昭和天皇が1月7日に崩御したので、わずか1週間で平成切り替わった年ですね。その1週間の間に製造された硬化なので、きっと価値が上がると信じ、今まで大事に保管していました。(笑)
    でも自分の中での希少価値は変わらないので、これからも大事にしていきます。

    • 昭和64年はたった1週間で終わってしまいましたが、硬貨の製造は平成元年の3月まで行われていたので、生産量はそれなりにあるためそんなに希少価値は無いそうです。
      それでも昭和64年の500円玉は生産量が少なく、額面の1.2~3倍の価値はあるみたいですね。
      昭和から平成になっても造幣局でも準備期間はあるので、仕方が無いでしょうね。
      余談ですが昭和64年の50円玉と100円玉がまったく製造されていないそうです。
      話は戻って昭和64年の500円玉は現在最高1,500円くらいの価値があるので、将来もっと値上がりする可能性もあるので、大切に保管した方が良いと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。