お年玉の相場はいくら?

お年玉の相場はいくら? お年玉 疑問

お正月と言えば子供にとって、一番の稼ぎ時かも知れませんね。普段は挨拶に行かないのに、その日に限って親戚の家に挨拶に行ったりして、お年玉を沢山貰ったものです。

お年玉の起源は諸説あります。現在は誕生日が来ると年を取りますが、昔は正月に年神様から「年魂」を貰って年を取っていたのです。いわゆる「数え年」と言う年の取り方です。数え年と言うのは、年神様へ供えた餅を家族で食べる事で一歳年を取り、この餅玉の事を「お年玉」と呼んだのが始まりと言われています。そしてこの餅玉がお金に代わって行ったのです。

お年玉の相場は年齢によって違って来ます。小学生に上がる前だと500~1,000円くらいが一般的で、小学生低学年だと2,000円になり小学生高学年だと3,000円になり、中学生になると5,000円になります。高校生以上になると5,000円~10,000円で大学生まで変わりません。一般的には10,000円以下で大学生になるとアルバイトをするので、大人扱いになりお年玉を上げない事も多いです。

お年玉はポチ袋に入れ表に名前を書くのが一般的です。お札はピン札を用意して三つ折りにするのが一般的です。またお年玉を何歳まで上げるかは「高校を卒業するまで」と言う人が多いみたいです。一般的には親から子供など目上の人が年下の人へ渡すものですが、親が高齢になれば逆に子供から親にお年玉を上げる人も多く、やっと大人になった感じがして嬉しいものです。

3 件のコメント

  • 学生ですが未だに親からお年玉貰っています。
    1万円が相場らしいですが10万円も貰ってたんで、ちょっと反省しないといけませんね。
    都内の高級住宅街に住んでいるので、金銭感覚がだいぶずれていたみたいです。
    実家暮らしで何不自由なく生活出来るのも、両親のおかげだと感謝しているので、今後はアルバイトして稼いだお金で逆に親にお年玉をあげようと思っています。

  • 正月は兄弟皆が実家に顔を出すのが毎年恒例の行事です。
    3人兄弟でみんな家庭を持っているので子供の総数は7人になるのですが全員にお年玉を用意するわけです。
    我が家はみんな平等な主義なので年齢に関係なく一万円を用意しています。
    7人なので家計は痛い打撃を受けますが、子供たちが喜んでくれるので!

  • お年玉に似た風習は中国や韓国でもあるみたいですね。
    日本より高額でお年玉をあげるために借金までするそうです。
    こう言う意味のない風習は(年賀状も)無くなれば良いのに。
    欧米ではクリスマスでプレゼントを渡すので、正月にお金をあげる風習は無いそうです。
    このように合理的な所は日本も是非学びたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。