エラーコインが流通する確率は?

エラーコインが流通する確率は? エラーコイン 高値

エラーコインと言うのは、穴の開いていない50円玉など規格外の硬貨の事です。一般的には不良品であるエラーコインが、ヤフオクなどで思わぬ高値で取引されているのをご存知ですか。それは滅多に流出する事が無く希少価値が高いからです。

それでは一体このエラーコインが流出する確率はどれくらいなのでしょう。硬貨は造幣局で製造されますが、一体一年間にどれくらい製造されるかご存知ですか。平成28年の1年の硬貨の生産量は、百円玉45万枚・五百円玉約26万枚・・・ですべて集計すると、金額にして1億8千万円にものぼります。造幣局では製造は6工程になり、検査は終盤の袋詰めの前に自動検査を行います。その他にも作業員による目視検査もあるので、その工程を掻い潜って流出する事になり、その確率はかなり低いと思われます。エラーコインは間違いが大きい程、高値が付く傾向にあるみたいです。軽度のものだと淵がギザギザしたギザ十なんてものもあり、数百円くらいで売れる可能性もあります。

今度、一度財布の中身をチェックしてみてはどうでしょうか。思わぬエラーコインが紛れ込んでいる可能性もあり、ネットオークションに出品すれば10万円以上で落札されるかも知れませんね。