カセットテープの価格が高騰する理由とは?

カセットテープの価格が高騰する理由とは? ヤフオク カセットテープ

カセットテープは一度は聞いた経験がある方も多いのではないでしょうか。最近このカセットテープがヤフオクで以外に価格が高騰しているのです。特に高音質なメタルテープは現在生産していないため、希少価値が高く1本当たり7,000円~8,000円にまで高騰しています。

今カセットテープが水面下ではブームになっていて、若者の音楽マニアの間でよく聞かれているみたいです。アーティストの中にはCDやダウンロードでは無く、敢えてカセットテープでデビューする人もいるみたいです。

そんなカセットテープは未使用品以外にも、音楽が録音されたものも価格が高騰しています。物によってはCD化されていなかったりするので希少価値が高くなります。またそれに便乗してカセットテレコの価格も上がっているみたいです。ヤフオクでサンヨーのラジカセが47,500円で落札されました。

ではなぜ今カセットテープがブームなのかと言えば、デジタルに無いカセットテープ独自の音だったり、昔を懐かしむ気持ちだったりします。カセットテープにもハイポジやノーマルポジション・メタルテープ・フェリクロームテープなど様々な種類がありますが、マニアによると音の違いが歴然とあるみたいです。マニアになればその音の違いが面白いのかも知れませんね。