ギフト券の偽造は困難?偽造防止の印刷技術に脱帽!

ギフト券の偽造は困難?偽造防止の印刷技術に脱帽! ギフト券 犯罪

紙幣の偽造は技術的には難しく、一般的なコピー機でコピーしようとしても、エラーが出てコピー出来ない仕様になっています。それではギフト券の偽造なら簡単に出来るのでしょうか。

実はギフト券にも様々な偽造防止技術がありそう簡単には偽造出来ません。偽造を困難にさせているのは、何といっても日本の印刷技術です。

まず第一に「蛍光彩紋」と言われる印刷技術があります。彩紋のパターンを蛍光色で印刷しますが、普通にコピーしようとしても再現するのに高い技術がいるので偽造は困難です。

第二に「蛍光発色インキ」と言われるもので、紫外線を受けると発色するインクで印刷します。コピーすることは難しく、ブラックライトで照らすと青く光るので、すぐに偽物だとばれてしまうのです。さらに透かしやホログラムなど普通にコピーしてもまず再現出来ないため、偽造はかなり難しいと思われます。

ギフト券が簡単に偽造出来れば、万引きよりも遥かに甚大な被害があるので、発行する店はかなり神経を尖らせて偽造防止対策をしています。もし偽造が発覚したら有価証券偽造罪になり、5年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。すぐに捕まるのでギフト券を偽造しようなどと考えるだけ無駄です。