下町情緒溢れる山谷は外国人に大人気!

di_img_5780

大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)・横浜の寿町と並び、日本を代表するドヤ街である山谷は、現在でも多くの人が訪れます。しかし以前と様相が違うのは、日雇い労働者が激減し代わりに外国人観光客が集まっている所です。

日本のようなパック旅行が無い外国人の方は、とにかく宿泊費を安くあげたいみたいです。こうした方達を通称バックパッカーと呼んでいるらしいです。彼らは2畳しかない簡易宿泊所であっても、寝る事が出来れば全然気にしないみたいです。ある簡易宿泊所の外国人客の占める割合は、実に80%になるそうです。外国人同士が集まりコミュニティを形成していて、結構居心地が良いみたいです。

山谷は浅草や東京スカイツリーにも近く、交通の便が良いのも人気の理由かも知れませんね。最近では、日本人でも失いかけている下町情緒と言うものを、彼らは逆に大事にしています。

また山谷と言えば「あしたのジョー」の舞台にもなった泪橋交差点は有名です。最寄駅は南千住駅で山谷と言う地名は1966年までありましたが、住居表示の実施で廃止になりました。そんな山谷で一泊体験ツアーなんてしたら楽しいかも知れないです。外国人に日本の良さをもっと教えてあげても良いですね。

1 個のコメント

  • 山谷に20年近く住んでいます。
    昔は日雇いの人が街にあふれ、少しがらが悪かったです。
    簡易宿泊所は昔に比べ随分減りましたね。
    最近は外国人が本当に多くて、女性の姿もチラホラ見かけます。
    山谷と言えば大衆食堂も多くて安くて美味しいグルメがネットでも紹介されています。
    「孤独のグルメ」でも紹介された大衆食堂「きぬ川」の豚肉炒めライスは絶品ですよ。
    豚肉の炒め物に千切りキャベツと豚汁・漬物がセットで400円は安すぎです。
    下町の人情溢れる山谷は最高です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。