二千円札は何処へ?気になるその行方は?

二千円札は何処へ?気になるその行方は? 紙幣

最近、見ていないと感じるのが二千円札。2000年に発行され2004年をピークに流通量が減少して来ているそうです。

2000年と言えば沖縄サミットが開催され、沖縄では普及キャンペーンが大々的におこなわれたため、他の都道府県に比べ二千円札の流通量が高いみたいです。

海外ではアメリカの20ドル紙幣やイギリスの20ポンド紙幣・中国の20元札等それなりに普及しているみたいですね。日本では5か1が数字の先頭である紙幣を運用していた歴史が長いせいか、急に2と言う見慣れない数字があると違和感を覚える人が多いのでは無いでしょうか。

自販機は二千円札に対応した仕様になっているものの、オーナーが二千円札を補充するのを嫌がって、二千円札が利用出来ないものが多いみたいですね。

二千円札がもし手元にあったら希少価値ゆえに保管する人も多く、そうなればますます流通に歯止めがかかってしまいます。後10年くらいすれば二千円札は姿を消して、ヤフオクで価格が高騰しているかも知れません。一攫千金とまでは行かないですが、それなりに価値は上がっているし友人に自慢出来そうです。

もし二千円札が欲しければ、銀行や郵便局の窓口で両替して貰うか、両替機を利用しても良いでしょう。両替機の場合は新札が出て来るのでおすすめです。