日本にもブラックフライデーが導入される?

日本にもブラックフライデーが導入される? ブラックフライデー 日本

アメリカには国を挙げてバーゲンセールする日が存在します。通称「ブラックフライデー」と言われるこのバーゲンセールは、アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日から4日間行われます。正式に会社は休みではありませんが、休みになる事が多いみたいです。

ブラックフライデーの名前の由来は諸説ありますが、フィラデルフィアの警察官が人でごった返す様を「真っ暗な金曜日」と呼んだ事がきっかけになりました。(Wikipediaから引用しました。)ブラックフライデーの前日になると、店の前は行列が出来て徹夜組も現れるみたいです。この辺はiPhoneの新型機が発売されると、行列が出来る日本と変わりませんね。

実はこのブラックフライデーを日本にも取り入れようと、政府と経団連が呼びかけています。アメリカではブラックフライデーで年間の売上の半分も稼ぐ小売店もあるので、もし日本に導入されれば相当な景気回復が見込まれる可能性があります。

日本の小売店業界はこれに対して、少なくても半年から1年間の準備期間が欲しいと要求しているそうなので、どんなに早くても2017年以降になると思います。消費者としては少しでも安くものが買いたいのでブラックフライデーは大歓迎ですが、店側の都合を考えるとそう簡単に行きそうにないです。