銀行の名前の由来とは?

銀行の名前の由来とは? 金利 手数料

銀行はなぜ銀行と言う名称なのかご存知ですか?銀行の名前の由来の前にBANKの名前の由来を調べてみました。

12世紀に北イタリアの両替商をBANCO(腰掛け)と呼んでいましたが、これは腰掛けに座っていてもお金が入って来ると言う意味らしいです。その後、BANKを明治5年(1872年)頃に高名な学者達が協議をかさね、中国語の店を意味する「行」に金を付けて「金行」にするか、当時は流通量が多かった銀に「行」を付けて「銀行」にするか悩んだそうですが、語呂の良い銀行になったと言われています。

日本で最初の銀行は第一国立銀行(旧第一勧業銀行)で明治6年(1873年)に、現在の中央区日本橋兜町にあるみずほ銀行の位置に開業しました。銀行の発祥が北イタリアと言うのは意外な感じがしますが、当時から銀行は楽で儲かる(大変失礼)商売だと思われていたのは事実です。

銀行の仕組みは端的に言うと、日銀からお金を借りて企業や個人に貸し出して、利鞘を抜き儲けるシステムです。その他にも銀行は、預金者からほぼゼロの金利で預金して貰い、手数料と言う名目で儲けたり、預金残高の数%を運用に回す事でさらに儲けているのです。これほど効率の良いビジネスは他に例がなく、BANCO(腰掛け)と言う語源には、庶民のひがみや妬みもあるのでしょう。