ATMにはいくらお金が入っているの?

ATMにはいくらお金が入っているの? 銀行 金額

普段は良く利用するコンビニや銀行のATMは、いつ行ってもお金が足りない事はありません。

そこで一つ疑問に思うのが、ATMには一体いくらお金が入っていて、どのタイミングでお金を補充しているかと言う事。気になる銀行のATM内の金額は3,000~4,000万円くらいが濃厚みたいです。また外部のATMの場合は1,500~3,000万円くらいです。お金の補充はお金を直接入金せず、お金を入れた入れ物(カセット)ごと交換するみたいです。一定の金額以下にお金が減少すると、ATMモニターから警告が表示され、さらに少なくなると停止するシステムになっているのです。

ATMのお金の補充や管理は警備会社に委託している事が多いです。日本のコンビニのATMの稼働率は99.9%近くあり、世界でもトップクラスと言われています。クレジットカード現金化しても出金する時に、お金が足りないと言う事を一切気にする必要が無いのは、こんな日本のシステムに支えられているからでしょう。

今や日本全国に14万台もあるATMがあれば、地方でも僻地でも出金出来るので大変便利です。クレジットカード現金化はコンビニ以外にもゆうちょも利用出来るので出金出来ない事はまず無いのです。